修繕積立金のことを理解しよう

駐車場の大きさを知って金額を割り出す

小さめの駐車場の場合

機械式駐車場のある建物で、2段式か3段式の場合は6000円から7000円になります。
駐車場がある時は、高さに注目しないと修繕積立金を算出することができません。
アパートやマンションなどの建物になると、ほとんどが駐車場付きだと思います。
しっかり確認してください。
駐車場で事故が起こる可能性があるので、車がぶつかって壊れた部分をすぐに修理しなければいけません。

修繕積立金があれば、駐車場をすぐ元通りにできるので住民は困らないでしょう。
事故が起こらないよう気をつけて行動していても、他人の事故に巻き込まれることがあります。
いつ事故が起こっても、良いように準備をしておくのがおすすめです。
早い段階から修繕積立金を考えておきましょう。

3階以上の駐車場

規模が大きい駐車場になると、3階以上になるケースが多いです。
駐車場の高さが高くなるにつれて、修繕積立金も高くなります。
4階建ての駐車場になると、14000円にもなります。
また今の駐車場が古いので、新しく作り替えようと考えている人も見られます。
大きくするとたくさんのクルマを停められるようになるのは良いですが、修繕積立金が高くなるので無駄に大きくしない方が良いです。

機械式の駐車場はデリケートな仕組みなので壊れる頻度が高いと言われています。
ですから修繕積立金の平均額が少し高めです。
定期的に、点検するのも良いですね。
すると不具合が起こっていた時にすぐ気づけるので、早く修理ができます。
費用が安く済むかもしれません。